調理方法で選ぶレシピ   食材で探すレシピ   著者の紹介


今月のレシピ(9月)
鶏と占地茸のホイル焼き
かぼちゃの花の天婦羅
蕪菁のいんろう煮
焼き椎茸と茄子のみぞれ酢和え

 鶏と占地茸のホイル焼き

【材料】4人前

鶏もも肉1枚、占地茸1パック、グリーンアスパラ4本、塩、胡椒少々、
酒大さじ3、濃い口醤油大さじ2、サラダ油少々、バター適量
1 鶏肉は火の通りが良いように小さめのそぎ切りにしておく。

2 1の鶏肉に酒大さじ2、濃い口醤油大さじ2を振りかけてしばらくおき、下味をつけておく。

3 占地茸は石づきを取り、大きめの房にさばいて、酒大さじ1を振りかけておく。

4 グリーンアスパラは塩少々加えた熱湯で固ゆでにする。

5 アルミホイルを四角く切り、サラダ油を薄く塗り、2の鶏肉、3の占地茸、4のアスパラを入れて軽く塩、胡椒してゆったりと包む。

6 5をオーブンで焼き、上がりに少量バターを落としてすすめる。

かぼちゃの花の天婦羅

【材料】4人前

かぼちゃの花12個、帆立の貝柱2個、卵白1個分、
獅子唐8本、酢橘2個、大根おろし適量、塩少々、
衣(小麦粉1/2カップ、水1/2カップ、塩少々)、
天つゆ(だし汁1カップ、味醂大さじ2、薄口醤油大さじ2)、揚げ油
1 帆立はフードプロセッサーにかけてすり身にし、卵白、塩少々を加えてのばしておく。

2 かぼちゃの花はさっと洗ってから中に1のすり身を包んでおく。

3 小麦粉に水と塩ひとつまみを加えて天ぷらの衣を作り、2を180度の油で揚げる。

4 皿に盛り、天つゆと酢橘を添える。

蕪菁のいんろう煮

【材料】4人前

蕪菁8個、鶏挽肉150g、人参1/4本、干し椎茸2枚、玉子1個、菊の花2個、
煮汁(水2カップ、固形スープ1個、酒大さじ1、淡口醤油小さじ1、
   味醂小さじ1、塩小さじ1/2)

1 蕪菁は茎を切り、皮をむく。さらに菊に包丁目を入れ、裏側をくりぬいておく。

2 1の蕪菁は竹串が通る位まで茹でる。

3 人参、戻した椎茸は微塵切りにする。

4 鶏の挽肉の全体量の1/3を熱湯に入れてボイルしザルにあけて水きりする。

5 残りの挽肉と4を合わせ、玉子、塩少々を加えてよく混ぜ、3も加える。

6 2の蕪菁の中に、5を詰める。

7 煮汁を煮立てて6を煮込み、湯掻いた蕪菁の葉も加えて更に煮る。

8 菊の花はさっとゆでて冷水にとり、絞っておく。

9 柔らかく煮あがったら、器に盛り、煮汁に水溶きの片栗粉でとろみをつけ、8を加えて上からたっぷりとかける。


 焼き椎茸と茄子のみぞれ酢和え

【材料】4人前

茄子4本、生椎茸12枚、塩少々、胡瓜1本、茗荷4個、大根おろし適量、
土佐酢(基本だし汁7:酢3:淡口醤油1:味醂1+追い鰹)

1 茄子は直火で焼いて皮を剥き焼き茄子にする。

2 生椎茸は石付を取り、網焼きにして細く裂く。

3 胡瓜はあられ切りにする。

4 茗荷はさっと茹で、甘酢に浸けておく。

5 大根おろしは軽く絞り、塩少々と土佐酢で味を整えてみぞれ酢とし材料を和える。


調理方法で選ぶレシピ   食材で探すレシピ   著者の紹介


TOP

Copyright (C) Kamakura Citizens Net / Kamakura Green Net 2000-2017 All rights reserved.