鎌倉ガイド協会主催
毎月恒例の「古都鎌倉史跡めぐり」
平成29年1月31日更新
photo
Aコースより:常立寺 枝垂れ梅
鎌倉を知りつくしたガイドが毎月三つのコースを企画し、ご案内しています。もちろん、ご参加はお一人から、何人でも結構です。お申込、ご参加をお待ちしております。
平成29年2月のコース
平成29年3月のコース(予告)
平成29年4月のコース(予告)
主催コース申し込み方法
ご希望による個別コースの実施
よりお選び下さい。



【半日コース】
  春を告げる梅を訪ねて、片瀬山から新林公園へ
  ━片瀬山から相模湾・富士山を望む━
見どころ 藤沢の片瀬は江戸時代、弁天信仰が盛んとなった江の島への参詣道として賑わいました。元使塚がある常立寺では処刑された五人の使者を弔うごとくに「枝垂れ梅」や「おもいのまま」が華麗に咲いています。本蓮寺は頼朝や西行、宗尊親王ゆかりの古刹です。一遍上人の片瀬浜の地蔵堂での踊り念仏など、往事の歴史のひとこまに想いをはせます。大パノラマが広がる相模湾と富士山を眺望し、カワセミやアオサギがいる自然の宝庫、新林公園で森林浴を楽しみます。
[ 実 施 日 ] 2月21日(火)/22日(水)/23日(木)/24日(金)
[ 集合場所 ] 湘南モノレール大船駅改札裏側広場  (受付9:00~最終出発9:30)
[ コ ー ス ] 湘南モノレール大船駅=〔モノレール〕=湘南江の島駅~常立寺~一遍上人地蔵堂跡~
本蓮寺~密蔵寺(本堂開扉)~片瀬山・富士見坂~片瀬山北公園~新林公園
       (解散: 12時30分頃) [徒歩距離:約4㎞,高低差あり]
[ 費  用 ] 参加費 500円 交通費 310 円(モノレール代)
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



   禅寺に梅の香りを求めて
   ━山ノ内から扇ガ谷へ━
見どころ 『家ひとつ 梅五六本 ここもここも』は正岡子規が明治の頃、来鎌した時に詠んだ俳句です。梅は「春告草」というようにほのかな香りと可憐な花で春を一番に運んでくれます。円覚寺では随所にある梅を愛で、かつて尼寺であった東慶寺で様々な梅を観賞します。鎌倉石の参道がある浄智寺は往古の面影をとどめる懐深いお寺と云えましょう。早春の葛原岡神社へのハイキングも楽しみのひとつ。海蔵寺で心ゆくまで梅を堪能する梅づくしのコースです。
[ 実 施 日 ] 2月17日(金)/20日(月)/28日(火)/3月2日(木)
[ 集合場所 ] JR北鎌倉駅 [円覚寺側]      (受付9:30~最終出発10:00)
[ コ ー ス ] 北鎌倉駅~円覚寺~東慶寺~浄智寺~天柱峰~葛原岡神社(社務所内・昼食)~
仮粧坂~海蔵寺~壽福寺~鎌倉駅西口
    (解散: 14時30分頃) [徒歩距離:約4㎞,高低差あり]
[ 費  用 ] 参加費 500円 拝観料 750円
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



【半日コース】
   中世鎌倉の遺産・やぐら探訪
   ~鎌倉最大規模の百八やぐら群の魅力を満喫~
見どころ 鎌倉が平安京に匹敵する政治都市・商業都市に発展するにつれて、平地の少ない首都鎌倉は人口が急増して土地の整備が急務となっていました。その様な時代に、僧侶や武士を中心とした人々は、山腹に崖面をくりぬき、埋葬納骨を行なう墳墓窟と供養の場所としての仏殿の両機能を備えた空間「やぐら」を造りました。
「やぐら」は、人々の工夫と厚い信仰心が生んだ中世の貴重な文化遺産です。その中で鎌倉最大規模の『百八やぐら群』は、仏像や五輪塔が壁面に浮き彫りされたり、梵字が刻まれるなど極めて多彩です。その魅力をじっくりと堪能しませんか。
[ 実 施 日 ] 2月7日(火)/10日(金)
[ 集合場所 ] 湘南モノレール大船駅改札裏側広場  (受付9:00~最終出発9:30)
[ コ ー ス ] 大船駅=[バス]=半僧坊下~今泉台六丁目公園~百八やぐら群~十王岩~
朱だるきやぐら群~建長寺(回春院)
        (解散:12時30分頃)[徒歩距離:約4km,高低差あり・山道]
[ 費  用 ] 参加費 500円 拝観料 300円(建長寺入山料) 交通費 240円(バス代)
[ 定  員 ] 各日150名になり次第締め切ります。
(定員に達してお断りする場合は、事前に御連絡致します。)
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前。
[ 持  物 ] 飲み物、雨具、福寿手帳(鎌倉市在住でお持ちの方)
[ そ の 他 ] 歩きやすい服装及び靴・軍手



【半日コース】
  桜咲く大町から、漱石も歩いた材木座へ
  ━光明寺山門特別拝観━
見どころ 鎌倉生まれの桜“普賢象”と“桐ヶ谷桜”は材木座で産出されました。“桐ヶ谷桜”は足利尊氏が京都御所に植えたと云う故事があります。本覚寺の枝垂れ桜は身延の桜を彷彿させてくれます。安国論寺の妙法桜は清楚な白い八重の山桜で日蓮聖人の杖の先が根付いたと云われています。桜で埋め尽くされた長勝寺から夏目漱石夫妻が滞在した材木座、弁ヶ谷に降り光明寺へ。光明寺山門上からは境内を覆う染井吉野を観賞します。心華やぐ桜づくしの半日コースです。
[ 実 施 日 ] 3月28日(火)/30日(木)/4月4日(火)/5日(水)
[ 集合場所 ] 鎌倉生涯学習センター[きらら鎌倉]前 (鎌倉駅東口徒歩2分)
                   (受付9:00~最終出発9:30)
[ コ ー ス ] きらら鎌倉~本覚寺~安国論寺~長勝寺~名越やすらぎセンター前~弁ケ谷~
旧大木伯爵別邸跡~光明寺(山門特別拝観)~旧河内屋前~五所神社バス停
        (解散: 12時30分頃) [徒歩距離:約4㎞,高低差ややあり]
[ 費  用 ] 参加費 500円 拝観料他 600 円
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



   花吹雪の鎌倉湖から桜の名刹円覚寺へ
   ━称名寺の「阿弥陀聖衆来迎像」も拝観━
見どころ “世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし”奥深い静かな九十九谷(つくもだに)と呼ばれる今泉の称名寺で、彫刻では珍しい二十五菩薩が極楽から死者を迎えに来る「聖衆来迎像」と酉年守り本尊の不動明王をお参りし、御利益を戴きます。鎌倉湖では湖面に浮かぶ花筏を楽しみます。散在ガ池森林公園と明月院通りの緑の中の桜は一層その艶やかさを引き出してくれます。円覚寺境内に咲く桜を堪能する桜花爛漫の春をお楽しみ戴きます。
[ 実 施 日 ] 3月27日(月)/29日(水)/31日(金)/4月3日(月)
[ 集合場所 ] 湘南モノレール大船駅改札裏側広場 (受付9:30~最終出発10:00)
[ コ ー ス ] 大船駅=[バス]=白山神社前バス停~白山神社~称名寺(本堂昇堂)~
鎌倉湖(散在ガ池)(昼食)~明月院前~円覚寺~円覚寺山門前
       (解散: 14時30分頃) [徒歩距離:約5㎞,高低差ややあり]
[ 費  用 ] 参加費 500円 拝観料他 500円 交通費 220円(バス代)
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



  {歴史講座を聞き}
   鎌倉の古東海道を探る
   -日本武尊の東征にも思いを馳せる-
見どころ 歴史上のロマンを奏でる伝説上の人物とも言われる日本武尊は天皇の命令で九州の熊襲を平定し、終えるとすぐに今度は、東の方の十二国の不穏な土着の神や服従しない人々を平定帰順させなさいと言われ征討の途に就いた。
ここ鎌倉では海進期後の地盤隆起期に入っていたころと思われ、それは今をさかのぼること古の大和朝廷成立のころの話である。日本武尊が相模、走水を経て海を渡り筑波、蝦夷地に至り敵将を退治した。さて鎌倉の何処を通っていったのでしょうか!
歴史講座を聞き、史跡に語りかけ、鎌倉の古道を皆様と一緒に探索・推理してみましょう。
[ 実 施 日 ] 4月2日(日)/10日(月)
[ 集合場所 ] JR鎌倉駅西口 [時計台広場](受付9:00~最終出発9:30)集合時間に注意!
[ コ ー ス ] 鎌倉駅~鎌倉市福祉センター(講座)~六地蔵~浜の大鳥居跡~元八幡~辻の薬師堂~
小坪坂~飯島道~小坪飯島公園(昼食)~披露山公園七曲坂~逗子駅
    (解散:14時30分頃)[徒歩距離:約8km,高低差あり・健脚向き]
[ 費  用 ] 参加費 500円
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前。
[ 持  物 ] お弁当、飲み物、雨具



  春たけなわ 巡礼者の道を歩く
  ━坂東三十三観音 岩殿寺から安養院へ━
見どころ 逗子から鎌倉へ寺々を訪ね、緑輝く春の景色を楽しみます。鎌倉公方に仕えた冨永氏ゆかりの妙光寺には「土中出現日蓮聖人像」の不思議な伝説があります。1300年もの歴史のある岩殿寺は頼朝の篤い信仰を受け、坂東三十三観音二番札所として繁栄してきました。法性寺は日蓮聖人が松葉ケ谷法難を避けた地に建立されたと伝わるお寺。新羅三郎義光の子孫・佐竹氏屋敷跡に建立された大宝寺では昇堂致します。三十三観音三番札所安養院で締めくくりとします。
[ 実 施 日 ] 4月14日(金)/17日(月)/18日(火)/20日(木)
[ 集合場所 ] JR逗子駅東口 [海側]       (受付9:30~最終出発10:00)
[ コ ー ス ] 逗子駅~妙光寺(昇堂)~岩殿寺~法性寺~大切岸~浄明寺緑地(昼食)~花咲地蔵~
大宝寺 (昇堂)~安養院~鎌倉駅東口
          (解散: 14時30分頃) [徒歩距離:約6.5㎞,高低差あり]
[ 費  用 ] 参加費 500円 拝観料 600 円
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



   新緑の塩の路を歩き、往時に思いを馳せる
   ━朝夷奈切通から六浦へ、宝樹院の特別拝観━
見どころ 「塩の路」で知られる鎌倉と六浦を結ぶ朝夷奈切通は七切通のうち、最もよく旧状をとどめています。朝比奈三郎が一夜で切り開いた故事など、路傍に残る石仏や庚申塔が往時の様子を語りかけてくれるでしょう。杉木立の熊野神社では八咫烏にお目にかかれます。風化が激しい「鼻欠地蔵」は重要な交通の要所でした。宝樹院では平安仏の阿弥陀三尊を参拝。上行寺には日蓮聖人の逸話が伝わっており、日荷上人伝説の樹齢600年といわれる榧の木があります。
[ 実 施 日 ] 4月19日(水)/21日(金)/24日(月)/26日(水)
[ 集合場所 ] 鎌倉生涯学習センター[きらら鎌倉]前 (鎌倉駅東口徒歩2分)
                 (受付9:30~最終出発10:00)
[ コ ー ス ] 鎌倉駅東口=[バス]=十二所バス停~光触寺~朝夷奈切通~熊野神社~
朝比奈町内会館(昼食)~鼻欠地蔵~宝樹院(特別拝観)~上行寺
       (解散: 14時30分頃) [徒歩距離:約5.5㎞,高低差あり]
[ 費  用 ] 参加費 500円 拝観料 200円 交通費 210円(バス代)
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



 三 浦 大開帳 !
   33年に一度の薬師如来、12年に一度の不動明王を参拝
   -浄楽寺で五体の真作運慶仏を拝観-
見どころ 本年の丁酉(ひのととり)の年は、三浦薬師如来霊場の33年に一度の大開帳と、三浦不動尊霊場の12年に一度の大開帳とが重なる大変稀な年です。
この機会に、浄楽寺と正行院の二体の薬師尊像を、浄楽寺、立石不動院、圓乗院で三体の不動尊像を特別拝観します。浄楽寺では五体の運慶仏をすべて拝観致します。豊かな自然が残る秋谷地区の沢歩きや、かながわ景勝50選に選ばれ、歌川広重の浮世絵にも描かれた秋谷海岸の絶景を楽しみながらの昼食も格別です。
初夏の一日、貴重な仏様を参拝し、素晴らしい景観のもとで心豊かな時間を過ごしましょう。
[ 実 施 日 ] 4月28日(金)/5月1日(月)
[ 集合場所 ] JR逗子駅東口 [海側]    (受付9:30~最終出発10:00)
[ コ ー ス ] JR逗子駅=[バス]=浄楽寺バス停~浄楽寺(本堂昇堂)~(前田川遊歩道)~
正行院(本堂昇堂)~若命家長屋門~秋谷神明社~立石公園(昼食)~
立石不動院(滝不動)~圓乗院(本堂昇堂)~久留和海岸バス停=[バス]=JR逗子駅
    (解散:14時30分頃)[徒歩距離:約4.5km,高低差あり]
[ 費  用 ] 参加費 500円 拝観料 300円 交通費 740円(バス代)
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前。
[ 持  物 ] お弁当、飲み物、雨具など。
pagetop
はがき 又は FAX電子メールに、参加希望コース名・参加希望日・(郵便番号)・住所・氏名・電話番号を明記の上、お申し込みください。お電話でのお申込みはお申込み内容の間違いのもととなりますのでお断りしています。
はがきでのお申し込み
 (宛先)
〒248-0014
鎌倉市由比ガ浜4-1-1
NPO法人 鎌倉ガイド協会
ファックスでのお申し込み
 (ファックス番号)
0467-24-6523
「史跡めぐり」ファックス用参加申込書をご用意しています
プリントアウトしてお使い下さい。
faxapply
電子メールでのお申し込み
 ( 定型フォーム)
メールフォームに必要事項記入の上送信下さい。mailformapply
  • 電子メールでのお申込については申込確認の返事を致しますが、はがき・ファックスでのお申込については申込確認の返事はしておりません。ご了承下さい。
  • お知らせいただいた住所・電話番号などの個人情報は当協会が行う史跡めぐりの参加人数の把握と傷害保険にのみ使用します。
参加費
  • 1人 ¥500-(拝観料・交通費は別途参加者負担です。)
持参するもの・他
  • 弁当(半日コース以外)・飲み物・雨具・福寿手帳(2月B・Cコース・3月Bコース)(鎌倉市在住でお持ちの方)。
  • 歩きやすい服装、靴でご参加下さい
雨天の場合その他
  • 大雪・強風・豪雨以外は実施します。ただし状況により、コースの一部、出発時間の変更を行うことがあります。
ガイド方法
  • ご参加の方、15名を1グループとしてガイドが1名ついてご案内します。
ガイド中の事故について
  • 参加者に傷害保険をかけていますが、限度を超える責任は負いかねますので、各自が自己責任で注意してください。
当協会では皆様のご希望に添ったご希望による個別ガイドもお受けしています。ご相談ください。
pagetop