鎌倉ガイド協会主催
毎月恒例の「古都鎌倉史跡めぐり」
令和2年2月24日更新
新型コロナウィルス感染拡大の防止という観点から、今後の古都鎌倉史跡めぐりの実施を当面4月末日まで中止させていただきます。
(2月史跡めぐりの残り実施日、2/25、2/26、2/27、2/28、3/2、3/3、3/4を含む)
photo
Bコースより:鎌倉文学館
鎌倉を知りつくしたガイドが毎月三つのコースを企画し、ご案内しています。もちろん、ご参加はお一人から、何人でも結構です。お申込、ご参加をお待ちしております。
令和2年2月のコース
令和2年3月のコース(予告)
令和2年4月のコース(予告)
主催コース申し込み方法
ご希望による個別コースの実施
よりお選び下さい。



【半日コース】
        梅が香に誘われ、北鎌倉の禅寺をゆるりと巡る
     ━ 円覚寺では「帰源院」境内を特別拝観し、梅を愛でる ━
北鎌倉の谷戸の古刹に静かにほころぶ梅の馥郁たる香に包まれて、ゆるりと歩くコースです。円覚寺では帰源院も訪れます。梅の名所・東慶寺と合わせ、心和らぐ、梅尽くしの半日をお過ごし下さい。
[ 実 施 日 ] 2月17日(月)/21日(金)/27日(木)/3月2日(月)
[ 集合場所 ] JR北鎌倉駅東口(円覚寺側) (受付9時00分~最終出発9時30分)
[ コ ー ス ] 北鎌倉駅~円覚寺<仏殿~選仏場~龍隠庵~正続院門前~黄梅院~大方丈(昇堂)~
帰源院(境内と本堂開扉拝観)>~東慶寺~北鎌倉駅
   (解散: 12時00分頃) [徒歩距離:約2㎞、高低差ややあり]
[ 費  用 ] 参加費500円 拝観料600円(うち500円は寺社直接払い)
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



【半日コース】
        早春の長谷・梅の香り漂うまちをブラリ散策
      ━ 鎌倉能舞台では観世流能楽師の方からの解説 ━
鎌倉駅から長谷界隈までの散策をお楽しみ下さい。途中、鎌倉文士の面影を求め鎌倉文学館を訪れます。花の寺・光則寺に立ち寄って、梅を愛でた後は、鎌倉能舞台で観世流能楽師の方から能楽についての解説をいただきます。
[ 実 施 日 ] 2月19日(水)/25日(火)/28日(金)/3月4日(水)
[ 集合場所 ] JR鎌倉駅西口時計台広場 (受付9時00分~最終出発9時30分)
[ コ ー ス ] 鎌倉駅~星野天知・立子顕彰碑~鎌倉文学館(入館)~光則寺~
鎌倉能舞台(入場・解説)~長谷駅
  (解散: 12時30分頃) [徒歩距離:約4㎞、高低差なし]
[ 費  用 ] 参加費500円 拝観料810円
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



       梅と伝説で巡る
            杉田・富岡で鎌倉発見の旅!
       ~東漸寺特別開門・旧川合玉堂別邸庭園特別開庭!~
見どころ 鎌倉と山ひとつ隔てた杉田・富岡。 房総半島を望む杉田の浜には、ヤマトタケル上陸の伝説が残ります。中世は辺鄙な寒村に源義家・頼朝、北条氏等為政者が幕府要衝地として寺社を建立し、鎌倉五山の高僧達が景勝を詠います。鎌倉ゆかりの逸話が驚くほど満載です! 又戦国時代は、江戸湾攻防の戦地であり、江戸時代は梅の名所で名を馳せました。伊藤博文や元勲達、芸術家達が遺した明治の別荘文化にも触れる旅です
[ 実 施 日 ] 2月20日(木)、26日(水)、3月3日(火)
[ 集合場所 ] JR新杉田駅改札出口
(受付9時30分~最終出発10時00分)
[ コ ー ス ] JR新杉田駅~東漸寺~杉田八幡宮~妙法寺(旧杉田梅林)~青砥藤綱墓~北台展望台~
富岡総合公園梅林(昼食)~長昌寺~慶珊寺前~海水浴発祥地碑~富岡八幡宮前~
元勲邸跡~旧川合玉堂別邸庭園~京急富岡駅
    (解散: 14時30分頃) [徒歩距離 約6.5Km、 高低差ややあり]
[ 費  用 ] 参加費500円
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前
[ 持  物 ] 弁当、敷物、飲み物、雨具など
[ そ の 他 ] 歩きやすい服装及び靴



        陽春の鎌倉に花を求めてのんびり小路歩き
       ━ 大巧寺から竹の寺・報国寺まで桜花探し ━
花ほころぶ陽春の鎌倉へようこそ。大巧寺、本覚寺、妙本寺と桜を追いかけ、琴弾橋から大蔵頼朝桜道へ。
鎌倉宮で宝物殿を拝観後は、二階堂の小路を田楽辻子のみちを経て、報国寺まで。春の花々を探しながら、のんびり小路歩きをお楽しみいただく一日コースです。
[ 実 施 日 ] 3月24日(火)/27日(金)/4月1日(水)/2日(木)
[ 集合場所 ] JR鎌倉駅西口時計台広場 (受付9時30分~最終出発10時00分)
[ コ ー ス ] 鎌倉駅~大巧寺~本覚寺~妙本寺~琴弾橋~(宇都宮辻子のみち)~大蔵頼朝桜道~
鎌倉宮(宝物殿拝観・昼食)~(二階堂の小路・荏柄天神社参道)~勝長寿院跡~
(田楽辻子のみち)~報国寺(竹林)~浄明寺バス停
    (解散:14時00分頃) [徒歩距離:約5㎞、高低差なし]
[ 費  用 ] 参加費500円 拝観料600円(うち400円は寺社直接払い)
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



          古刹と鎌倉山をぐるり 桜色の春を満喫
      ━ 極楽寺(特別拝観)&夫婦池公園、広町緑地を巡る ━
極楽寺では釈迦十大弟子像を特別拝観。鎌倉山の桜のトンネルを抜けて、水面に映る柔らかな色合いの山桜が美しい夫婦池公園で昼食休憩。午後は、木々の芽吹きの淡い緑が広がる広町緑地を訪れます。桜春の鎌倉を五感で感じてみませんか。
[ 実 施 日 ] 3月25日(水)/26日(木)/30日(月)/31日(火)
[ 集合場所 ] JR鎌倉駅西口時計台広場 (受付9時30分~最終出発10時00分)
[ コ ー ス ] 鎌倉駅=[江ノ電]=極楽寺駅~極楽寺(転法輪殿拝観)~月影地蔵~
夫婦池公園(昼食)~ 鎌倉山散策~広町緑地(鎌倉山入口~相模湾眺望~
七里ガ浜入口)~江ノ電鎌倉高校前駅
    (解散: 14時30分頃) [徒歩距離:約6㎞、高低差あり]
[ 費  用 ] 参加費500円 拝観料300円 交通費220円
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



【半日コース】
   大岡川桜散歩
      弘明寺観音から 頼朝・政子ゆかりの寺社へ
~ 頼朝創建の若宮八幡宮と庶子貞暁伝承の無量寺、政子開基の乗蓮寺を巡る ~
見どころ ・頼朝は弘明寺を源家の祈願所と定め、鎌倉鬼門の久良岐に若宮八幡宮を創建しました。
・いざ鎌倉承久の乱、「頼朝の恩は山よりも高く海よりも深し」 尼将軍政子は名演説の後、
 弘明寺観音に参籠して戦勝を祈願しました。 乱後隣に、乗蓮寺を創建したといいます。
・政子の甥・足利義氏の末裔である吉良氏は、小田原北条氏と縁戚になり蒔田城を築きまし
 た。勝国寺、蒔田御所跡、蒔田城空堀跡なども訪ね、「大岡川桜まつり」の賑わいを楽し
 みます。
[ 実 施 日 ] 3月23日(月)、28日(土)、4月6日(月)
[ 集合場所 ] 京急弘明寺駅東側改札口下(弘明寺観音北側横広場)
(受付9時00分~最終出発9時30分)
[ コ ー ス ] 京急弘明寺駅~弘明寺観音(参詣)~(観音橋)~若宮八幡宮~勝国寺~蒔田城跡~
無量寺(昇堂)~(巡礼橋跡)~乗蓮寺~(鎌倉下ノ道跡)~弘明寺駅(京急又は地下鉄)
  (解散: 13時00分頃) [徒歩距離 約5.7Km、 高低差ややあり]
[ 費  用 ] 参加費500円 拝観料 100円
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前
[ 持  物 ] 飲み物、雨具など
[ そ の 他 ] 歩きやすい服装及び靴



【半日コース】
         史話・説話で辿る古都鎌倉「若宮大路物語」
     ━ 教恩寺では、源頼朝と平重衡ゆかりの阿弥陀像を拝観 ━
京の朱雀大路になぞらえて造られたといわれる「若宮大路」とその周辺に、源頼朝をはじめ歴史上の人物ゆかりの史跡を史話・説話をもとに訪ねます。春たけなわの古都・鎌倉の風景散策として、鎌倉ツウ入門コースとしてお楽しみください。
[ 実 施 日 ] 4月14日(火)/16日(木)/24日(金)/27日(月)
[ 集合場所 ] JR鎌倉駅西口時計台広場 (受付9時00分~最終出発9時30分)
[ コ ー ス ] 鎌倉駅~大巧寺~本覚寺~教恩寺(昇堂拝観)~由比若宮~浜の大鳥居跡~一の鳥居~
下馬~二の鳥居~段葛~三の鳥居~鶴岡八幡宮 
    (解散: 12時30分頃) [徒歩距離:約4㎞、高低差なし]
[ 費  用 ] 参加費500円 拝観料200円
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



          太平記 in かまくら~序章~
      ━ 足利尊氏ゆかりの長寿寺では本堂昇堂拝観 ━
「落花の雪に踏み迷う・・・」とは、日野俊基の有名な東下りの名文です。鎌倉には太平記にまつわる史跡がたくさんあります。今回は序章として、太平記の主役である足利尊氏、そして後醍醐天皇の側近・日野俊基ゆかりの寺社を巡ります。
[ 実 施 日 ] 4月12日(日)/18日(土)/19日(日)/25日(土)
[ 集合場所 ] JR北鎌倉駅西口(交番横) (受付9時30分~最終出発10時00分)
[ コ ー ス ] 北鎌倉駅~建長寺~長寿寺~(亀ケ谷坂)~仮粧坂~葛原ヶ岡公園(昼食)~
日野俊基の墓~葛原岡神社~浄光明寺~鎌倉駅
    (解散: 14時30分頃) [徒歩距離:約6㎞、高低差あり]
[ 費  用 ] 参加費500円 拝観料1000円(うち300円は寺社直接払い)
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前



       《いざ!鎌倉街道 第7弾》
           鎌倉街道「下の道」を栗木から金沢文庫へ
       ~ 薬王寺、金山神社、金臺寺、尾根・桜道の能見堂跡 ~
見どころ 平成28年12月から鎌倉街道を訪ねて「上の道」、「中の道」、「下の道」を歩いてきました。
今回は保土ヶ谷の手前の栗木から金沢文庫駅までの金沢街道とかさなる鎌倉街道「下の道」を訪ねます。洋光台にある薬王寺は上洛した時の頼朝の病を治した朝日薬師の伝承のある寺です。本尊薬師は珍しい両手を前に合わせた法界定印をし、十二神将は頭に十二支の動物を乗せます。そして「下の道」を行き来した鎌倉武士(金沢貞将、佐竹秀義、葛西清重ら)の生きざまに思いをはせ街道歩きをします。大岡川(笹下川)東側流域は昔の面影をのこし、その先の六国峠尾根道は切通の岩畳で鎌倉街道らしい雰囲気がいっぱいです。桜をみながら、そしてたどり着く能見堂跡は素晴らしい景色が見える地ということで名のついた金沢八景の根元地とされます。
いざ!鎌倉街道"第7弾" 鎌倉街道シリーズの金沢入りコースを楽しみましょう!
[ 実 施 日 ] 4月10日(金)、15日(水)、21日(火)
[ 集合場所 ] JR根岸線洋光台駅改札口外
   (受付9時30分~最終出発10時00分)
[ コ ー ス ] 洋光台駅~薬王寺(昇堂)~金山神社~田中~栗木~金臺寺(昇堂)~千花の岩船地蔵~
能見台北公園(昼食)~能見台センター~能見堂跡~六国峠尾根道~金沢文庫駅
(解散: 14時30分頃) [徒歩距離: 約7Km、 高低差あり]
[ 費  用 ] 参加費500円 拝観料 100円
[ 申込締切 ] 実施日の1週間前
[ 持  物 ] 飲み物、弁当、雨具等
[ そ の 他 ] 歩きやすい服装及び靴
pagetop
はがき 又は FAX電子メールに、参加希望コース名・参加希望日・(郵便番号)・住所・氏名・電話番号を明記の上、お申し込みください。お電話でのお申込みはお申込み内容の間違いのもととなりますのでお断りしています。
はがきでのお申し込み
 (宛先)
〒248-0014
鎌倉市由比ガ浜4-1-1
NPO法人 鎌倉ガイド協会
ファックスでのお申し込み
 (ファックス番号)
0467-24-6523
「史跡めぐり」ファックス用参加申込書をご用意しています
プリントアウトしてお使い下さい。
faxapply
電子メールでのお申し込み
 ( 定型フォーム)
メールフォームに必要事項記入の上送信下さい。mailformapply
  • 電子メールでのお申込については申込確認の返事を致しますが、はがき・ファックスでのお申込については申込確認の返事はしておりません。ご了承下さい。
  • お知らせいただいた住所・電話番号などの個人情報は当協会が行う史跡めぐりの参加人数の把握と傷害保険にのみ使用します。
参加費
  • 1人 ¥500-(拝観料・交通費は別途参加者負担です。)
持参するもの・他
  • 弁当・敷物(半日コース以外)・飲み物・雨具・鎌倉市福寿手帳(2月A・B、3月Aコース)お持ちの方)など
  • 歩きやすい服装、靴でご参加下さい
雨天の場合その他
  • 大雪・台風・強風・豪雨以外は実施します。
ガイド方法
  • ご参加の方、15名を1グループとしてガイドが1名ついてご案内します。
ガイド中の事故について
  • 参加者に傷害保険をかけていますが、限度を超える責任は負いかねますので、各自が自己責任で注意してください。
当協会では皆様のご希望に添ったご希望による個別ガイドもお受けしています。ご相談ください。
pagetop