古建築のトップにもどる


|  境内案内  | 歴史 |
写真1 写真2

[ 寺号 ]     大異山 高徳院   清浄泉寺 (浄土宗)

[ 所在地 ]
     高徳院(鎌倉大仏)へは、JR 鎌倉駅東口から大仏・藤沢方面行きのバスに乗ります。10〜15分、バス停大仏前で降りると目の前です。一方、JR鎌倉の西口から歩く場合は、鎌倉市役所前を通って30分ほどです。

[ 高徳院の古建築 ]
     山門・観月堂を地図から見る場合は、下の図の該当する「白抜き文字」をクリックしてください。新たなページとして開きます。
|  仁王門 |  観月堂 |
niomon kangetsudo
 
[ 境内案内 ]

     境内に入り、仁王門を過ぎて左手の受付で拝観料を払います。
     目の前に大仏が見えてきます。高さは台座まで含めて 13.4 メートル、像そのものは 11.3 メートル、頭の頂上からあごまで 4 メートル、目は 1 メートル、耳は 1.9 メートル、体重は 121 トンなど、詳しいことは右手の売店の脇に掲げられています。

     頭には 656 個あるといわれる渦巻きの螺髪 (らほつ) があり、前面の中心には肉髻珠 (にくけいしゅ、にくけいじゅ) と呼ばれる円盤状のものが載っています。額には白豪があります。白豪は長く右巻きに巻いて額についていて、時に長く伸びて光を放ち、過去・未来・遠方のものを映し出すといわれます。
写真3 写真4

     両手の配置は、前であわせ親指と人差し指をそれぞれ接するようにしており、上品・上生(じょうぼん・じょうしょう)という最高の位を示す姿をしています。

     夕日に当たると、右の こめかみ から ほほ の辺りに金箔の跡を見ることができます。また、像の内部にはいると、段階的に積み上げて鋳造したことがわかる跡が見られます。
写真5 写真6

     境内奥には、李王朝のもので、東京を一旦経て当地に移築された観月堂があります。
写真7 写真8


     与謝野晶子の歌碑はよく知られていますが、この夏の作を含めて春・夏・秋・冬を詠った歌碑があります。

(写真下左)
 の雨 かまくらの名も 和らぎて
                          飯室謙斉 (医師 1883-1928 高浜虚子より俳句を学ぶ)

(写真下右)
 かまくらや みほとけなれど 釈迦牟尼は 美男におはす 木立かな
                           与謝野晶子 (歌人 1878-1942)   写真9 写真10

(写真下左)
 寺々の かねのさやけく鳴りひびき かまくら山に かぜのみつ
                          金子薫園 (歌人 1876-1951 落合直文の門下生)

(写真下右)
 大佛の 日は山に 移りけり
                          星野立子 (俳人 1903-1984 高浜虚子の次女)   写真11 写真12



 
[ 歴史 ]
     大仏の歴史は、広く知られているところですが、一方分からないことも多くあります。

     そもそもは、源頼朝が東国にも大仏を建てる計画を持っていましたが果たせず、仕えていた稲多野局というものが実現のために働き、北条政子もこれを助け、僧浄光が全国を行脚して資金を集めたといわれています。鎌倉幕府・北条氏が当然のことながら支えたと考えられています。

     歴仁元年(1238)に始まり、寛元元年(1243)に木像の仏像と、大仏殿が完成されたとあり、さらに、建長四年(1253)には金銅の大仏の鋳造が開始されましたが、それがいつ完成したかは不明です。

     作者である鋳物師は、物部重光、丹治久友や大野五郎右衛門などの名が上がっています。大仏殿は、明応七年(1498)の大地震による津波で流されてしまい、その後は再建されることもなく、露座となったといわれています。

     江戸時代に入ると、増上寺の祐天上人が、豪商野島新左衛門の資金を得て、修理しました。大仏の前の銅製の香炉は野島新左衛門の寄進とのことです。像のうしろには四枚の蓮の連弁が置かれていますが、このときに寄進されたものですが、果たせずそのまま置かれたものです。
     当時は、訪れるものも少なく、荒れ果てていて、鳥が巣を作るような有様だったとも記されています。

     大正14年には、12年の関東大震災により崩れた台座が修理され、昭和35年〜36年にかけての大修理では、頭部を支える首の周りを強化プラスティックで補強し、また、台座と像を離す免震構造も施されました。

     鶴岡八幡宮とならび国内外の拝観者・観光客が多数訪れますが、その数は公表していないとのことです。

『大佛殿大異山清淨泉寺高徳院全圖』 明治26年発行
写真20

大仏と入口(仁王門)付近の拡大図
写真21 写真22
このページのトップにもどる
古建築のトップにもどる