古建築のトップにもどる


|  境内案内  | 歴史 |
写真1 写真2

[ 寺号 ]     飯盛山   青蓮寺 (真言宗)

[ 所在地 ]
     鎌倉から蕗沢に向かう県道と大船から柏尾川に沿って鎌倉山方面に向かう道路の交わるところに手広交差点があります。ここから西鎌倉・腰越方面に600メートルほど進むと、青蓮寺バス停があり右手に門やお堂が見えてきます。

[ 青蓮寺の古建築 ]
     山門を地図から見る場合は、下の図の該当する「白抜き文字」をクリックしてください。新たなページとして開きます。
|  山門 |
sanmon
 
[ 境内案内 ]

     山門を入ると、すぐ右手に鐘楼、その先に受付や庫裏と立派な本堂があります。
写真3 写真4

     本堂には、ご本尊の弘法大師坐像が祀られています。裸の姿で彫られ、それに袈裟をまとったもので、ひざの部分が鎖でつながれ動くようになっているとのことです。そのため、鎖大師と呼ばれ、お寺の呼び名にもなっています。

     お寺の伝えによると、9世紀始め嵯峨天皇に献上され、天皇が亡くなったあと奈良の岡寺へ、さらに鶴岡八幡宮や寿福寺に移り、最後にここに安置されました。

     ご開帳は年5回、1月21日(初大師、写真下右)、4月21日(大祭)、8月16日(施餓鬼会)、12月21日(納大師)、12月31日(除夜)です。
写真5 写真6

     一方、山門から入って左手には、修行大師像と両脇に不動明王、愛染明王が祀られています。
写真7 写真8 写真9

     その先には、再興されて、新しく建てられた塔頭の手広山寶積院薬王寺の堂があります。
写真10 写真11

     お堂の先には、京都の大覚寺の管長になられた先々代のご住職の像や十三重塔があります。
写真12 写真13

     本堂の先には、弁天池が整備されましたが、弘法大師が逗留して、修法を終えると青い蓮華の花が咲いたという言い伝えがあります。
写真14 写真15

 
[ 歴史 ]

     お寺の始まりは、819年に弘法大師が関東のあたりを巡礼した際に、鎌倉にも暫く留まりました。

     この地で護摩の秘法を始めると、美しい天女が現れ、おそばでお仕えすることを申し出ました。無事修法を終えると、天女はー粒の仏舎利を大師に授けると、たちまち姿を消してしまいました。

     その仏舎利を五鈷に納めてましたが、翌朝眼を覚ますと、側の池には青色の美しい蓮華が咲き、よい香りが漂っていたとのことです。      そこで、開山は弘法大師で、中興の開基は善海上人 (1460年入寂) です。

     4月21日の鎖大師正御影供大際(しょうみえく たいさい)、には大勢の信者のかたがお参りし、小さいお子さんもお稚児さんとして参列します。

このページのトップにもどる
古建築のトップにもどる