古建築のトップにもどる

title
|  境内案内  | 歴史 |
写真1 写真2

[ 寺号 ]     大 蔵 山    杉 本 寺 (天台宗)

[ 所在地 ]
     杉本寺へは、JR 鎌倉駅東口から金沢八景方面行きのバスに乗ります。10〜15分、杉本観音のバス停で降り、 進行方向に進むと、まもなく左手にあります。

[ 杉本寺の古建築 ]
     仁王門・本堂(観音堂)を地図から見る場合は、下の図の該当する「白抜き文字」をクリックしてください。新たなページとして開きます。

|  仁王門 |  本堂 (観音堂) |
Map niomon hondo
 
[ 境内案内 ]
     入り口からすぐ石段になり、途中の受付で拝観料を払います。石段の中ほどに仁王門があり、朱塗りの仁王様が左右に境内を 守るように立っています。
写真5 写真3 写真4

     そのすぐ先の右手には大蔵弁財天を祀る社があります。小さいながら池もあり、立ち寄ってお参りしてはいかがでしょうか。(写 真下左)
(帰りは、向かって右手、この社の裏側にある石段を使いますので、ここの前を通りません。)

     正面には石段がありますが、保護のため立ち入り禁止です。(写真下右)
写真6 写真7

左側の別の石段を登ると本堂 (観音堂) のある平場に出ます。本堂はあがることができ、仏様を間近に拝むことができます。
写真8 写真9

     堂内には、中央に本尊お前立の十一面観音、右手には、毘沙門天、不動明王、観世音菩薩三十三応現身、左手には、新、十一面観音と地蔵菩薩二体、一番左にはおびんずる様など多数の仏様があります。

     さらに、一番奥に祀られているのは、秘仏の三体の十一面観音で、中心が慈覚大師作、 向かって右手は恵心僧都作、左手が行基作で、覆面観音とか下馬観音とも呼ばれています。 ほのかな明かりの中に拝むことができます。

     本堂の右手には鐘楼。右手の奥には熊野大権現と白山大権現を祀る社があります。その社と鐘楼の間には、五輪塔などの石 塔や石仏が多数置かれています。
写真10 写真11
写真12 写真13

     裏手の山一帯は、境内を含め杉本城跡で、三浦氏一族の杉本義宗が築いたものです。鎌倉幕府が滅びてまもなくの延元二年 (1337)、朝廷方の北畠顕家が鎌倉攻めのとき、この城で攻防戦が行われ、足利方の斯波三郎以下300人以上の者が討たれたと 太平記にあります。
     苦境に立つ南朝を助けるため、顕家は東北を出発、藤沢方面から鎌倉に向かいます。足利義詮を守る軍を片瀬、七里ガ浜、 由比ガ浜と次々に破り、最後に杉本城を落としました。そのため義詮は一時三浦に逃れたとあります。

     ここは坂東観音霊場三十三番札所の第一番です。札所を巡る人は、ここから報国寺の脇を通り、やがて巡礼古道に入り、札 所第二番所である逗子の岩殿寺へと向かいます。
(第三番は大町の安養院、第四番は長谷寺と、再び市内に戻ります。)

このページのトップにもどる

 
[ 歴史 ]
     杉本寺の歴史は大変古く、天平三年(731)、僧行基がこの地を訪れ、観音様を祀る場所にふさわしいと考えたことからと言 われています。

     お寺の縁起よれば、天平六年(734)に光明皇后が東国を安寧にしたいと願い、右大臣藤原房前と行基に財を与え、お 堂を建させ、行基作の十一面観音を安置したことから始まったとあります。

     ついで、仁寿元年(851)に慈覚大師が十一面観音を祀りました。さらに、寛和元年(985)に花山天皇の命で、源信恵心僧都が 十一面観音を彫り、納めました。

     文治五年(1189)、火災によりお堂が消失しました。ところが、本尊の観音様三体は自ら杉の木の根元に避難してしていたと いうことから、杉本観音と呼ばれるようになったといわれています。

     建久二年(1193)、源頼朝が、また建暦二年(1212)に源実朝が参詣したことが記録に残っています。室町以降の歴史は詳しく 分らないそうです。


このページのトップにもどる
古建築のトップにもどる

title