乱橋
(みだればし)

 

昭和四年(1929)三月 鎌倉町青年団


碑文

乱橋又濫橋と作り 一石橋の名なり 橋の南方に連理木ありて名高し 東(吾妻)鑑に宝治二年(1248)六月の条に 十八日寅刻 濫橋の辺一許町以南 雪降り其の辺霜の如し なとあり  辻町と材木座とを境する細流に架せる逆川橋と共に 鎌倉十橋の一なり

説明

この橋は鎌倉十橋のひとつであります。その名を乱橋または濫橋と書く石橋です。この橋の南の方に連理(れんり)木があって、有名でした。吾妻鑑(あずまかがみ)によると、1248年6月の記録に、18日の午前4時頃濫橋の辺に雪が降り、 その辺るは霜のように白くなった、と書いてあります。辻町と材木座との間の細流に架かる逆川橋も十橋のひとつです。
位置
材木座3-15-6付近で,水道橋交差点から南130メートルの西側に建つ。


Copyright (C) Kataoka & Hattori / Kamakura Citizens Net 2001 All rights reserved.